このページの本文へ移動

本日 7月16日(火)の開館状況

クリックすると、各館の案内がご覧いただけます。

トップ企画展令和4年度(2022.4.1ー2023.3.31)> 戦後日本版画の展開  ―照沼コレクションを中心に

戦後日本版画の展開
―照沼コレクションを中心に

2022年12月24日(土)~2023年2月5日(日)

  • チラシ_表-01
  • チラシ_裏-01

第二次世界大戦の終結は戦時下における自由の抑圧から人々を解放し、美術家たちは待ちかねたように活動を再開させていきました。そして、海外の新しい美術の潮流が日本に紹介されるようになると、国内の美術界は一挙に活気づき、1950年代には海外で開催される美術展にも多くの作家が出品をするようになります。その中で特に高い評価を受け受賞を重ねたのが版画作品でした。戦前の日本では美術の一ジャンルとして正当な評価を得ていたとは言えなかった版画が、世界を舞台に一躍脚光を浴び、これにともない国内においても版画への関心が高まり、1960年代にかけて版画ブームともいうべき状況が生まれました。以降、多くの美術家が版画に取り組むようになり、製版技術の革新や、多様な版画技法を習得した作家の登場などにより、従来の版画の概念を超えるような作品が生み出されるようになっていったのです。

本展覧会では、県内のコレクター・照沼よう氏(1926-2021)より当館に寄贈された作品を中心に、戦後の日本版画の展開をたどりながらその魅力を紹介しました。

会場風景

  • DSC_1658
  • DSC_1660
  • DSC_1661
  • DSC_1663
  • DSC_1667
  • DSC_1673
 
戦後日本版画の展開
会期 2022年12月24日(土)~2023年2月5日(日)
会場 茨城県近代美術館
入場料

一般610(490)円/満70歳以上300(240)円/高大生370(320)円/小中生240(180)円

※(  )内は20名以上の団体料金
※土曜日は高校生以下無料
※障がい者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
※1月21日(土)は満70歳以上の方は入場無料

開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日 ※ただし1月2日(月・振)、1月9日(月・祝)は開館。
12月29日(木)~1月1日(日)、1月3日(火)、1月10日(火)は休館
主催 茨城県近代美術館
後援 水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/NHK水戸放送局/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局

 


掲載日 令和5年2月1日 更新日 令和5年11月21日