このページの本文へ移動

本日 5月23日(木)の開館状況

クリックすると、各館の案内がご覧いただけます。

トップ企画展令和4年度(2022.4.1ー2023.3.31)> 若冲と京の美術  ―京都 細見コレクションの精華―

若冲と京の美術
―京都 細見コレクションの精華―

2022年4月23日(土)~6月12日(日)

  • チラシ表画像
  • チラシ裏画像

京都・岡崎に位置する細見美術館は1998年の開館以来、古美術を中心とした日本美術のコレクションによって親しまれてきました。大阪の実業家であり茶人としても知られた細見良(初代古香庵)氏、二代目の實氏、現館長の良行氏の細見家三代により蒐集された細見コレクションの特徴は、各作品の質の高さに加え、古代から現代に至る日本の各時代、絵画・彫刻・書蹟・諸工芸の各分野を網羅し多彩であることです。とりわけ、今日高い人気を誇る琳派や、江戸時代の京の絵師・伊藤若冲(1716-1800)の作品群は、細見家が早くから着目して蒐集を続け公開してきた非常に貴重なものです。
本展では、細見コレクションの中から、若冲の作品16点ほか、若冲を生み、その異才を育んだ「京」の歴史・文化を伝える美術品の数々を紹介しました。名所図や物語絵、茶の湯の美術、祭礼図、歌仙絵、琳派の絵画など、重要文化財や重要美術品を含む約90点を4章で構成し、若冲と「京」の美意識が織りなす日本美術の奥深さを浮き彫りにしました。

 

会場風景

  • IMG_4163
  • IMG_4165
  • IMG_4166
  • IMG_4179
  • IMG_4193
  • IMG_4199
  • IMG_4203
  • IMG_4222
  • IMG_4328
若冲と京の美術ー京都 細見コレクションの精華ー
会期 2022年4月23日(土)~ 6月12日(日)
会場 茨城県近代美術館
入場料

一般1,210(1,100)円/満70歳以上600(550)円/高大生1,000(870)円/小中生490(370)円

※( )内は20名以上の団体料金
※土曜日は高校生以下無料
※障がい者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
※5月28日(土曜日)は満70歳以上の方は入場無料

開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日

月曜日 ※ただし、5/2(月曜日)は開館

5/16(月曜日)展示替:作品入替 6 点、場面替 6 点

主催 茨城県近代美術館、細見美術館
企画協力 (株)アートワン
後援

水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/ NHK 水戸放送局/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局
 


掲載日 令和5年1月29日 更新日 令和5年11月21日