このページの本文へ移動

本日 7月16日(火)の開館状況

クリックすると、各館の案内がご覧いただけます。

トップ企画展令和6年度(2024.4.1ー2025.3.31)> つくる展   TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

つくる展
TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

2024年7月20日(土)~9月23日(月・振)

 

世界に誇れる日本のものづくりを、さらに元気にしているアートファクトリー「TASKO(タスコ)」。彼らは様々な企業やアーティスト、デザイナーとコラボレーションしながら、その豊かな発想力と優れた技術力で、多くの映像や広告物、アート作品などを手がけてきました。本展は、TASKOのユニークなものづくりの秘密にせまる展覧会です。現代アートとしても見応え充分の、うごく・さわれる・体験できる作品を多数展示。磁力や風力をつかった装置や、光や影の特性をいかしたインスタレーション、音や香りがでる作品など、五感で楽しめる作品がせいぞろいします。

作品の動くしくみやしかけを知ったり、制作の裏側やエピソードに触れたりしながら、様々な視点から「つくる」の魅力を体感できます。ものづくりの不思議さや面白さを通して、見る側の想像力、発想力、創造力が刺激され、自分も何かを「つくりたくなる!」、そんなワクワクがつまった展覧会です。

 

 

 

  • つくる展チラシ表
  • つくる展裏
つくる展こども裏

ノベルティ・プレゼント

 

会場では先着5,000名(中学生以下)に、以下2通りの方法で、会場限定のTASKOオリジナル・シール(1名1枚まで)をプレゼントします。

 

 

1. オリジナルぬりえ

子ども用チラシ裏の「オリジナルぬりえ」を完成させて、当館へ持参し、つくる展に入場したらプレゼント。

このページからもチラシはダウンロードできます。

 

2. SNSでシェア

つくる展の会場で撮影した写真や動画を

SNS(X、Instagram、TikTok、Facebook、YouTubeなど)

に投稿し、投稿画面を美術館受付に提示する(保護者のアカウントも可)。

 

ぜひ

#つくる展

#茨城県近代美術館

をつけて投稿してね!

pdfぬりえチラシのダウンロードはこちらから(pdf 995 KB)

みどころ

1.子どもも大人も五感を使って楽しめる!

《ひかりの3原色》(1)では、RGB(赤、緑、青)の光源の前に立つと色のついた影ができ、光の三原色を体感できます。《札幌ループライン》(2)では、レトロな音楽に浸りながら、札幌の町並みの影が移り変わっていくさまを鑑賞。《パフューマリー・オルガン》(3)は、鍵盤をおすと同時にその音に対応した香りが出る装置で、自動演奏ほか、来場者が自由に演奏することができます。

  • 1.ひかりの3原色1《ひかりの3原色》 2021年  ©TASKO
  • 2.札幌ループライン2《札幌ループライン》 2017年  ©TASKO
  • 3.パフューマリー・オルガン3《パフューマリー・オルガン》2015年  ©TASKO

 

2.作品の動くしくみやしかけが分かる!

《うかぶ風船》(4)《FLOWER DISPLAY》(5)などでは、それぞれ風力やモーターなどの動力による動くしかけが楽しめます。水ならぬパチンコ玉で動く《ししおどし?!》(6)をはじめ、多くの作品はアイデアスケッチや作品に使われた部品も見ることができ、動くしくみについて分かりやすく学べます。

  • 4.うかぶ風船4《うかぶ風船》 2021年  ©TASKO
  • 5.FLOWER DISPLAY5《FLOWER DISPLAY》2017年  ©TASKO
  • 6.ししおどし?!6《ししおどし?!》2021年  ©TASKO

 

3.制作の裏側やエピソードにも触れられる!

本展のキーヴィジュアルにも登場する《TASKOの棚から》(7)には、TASKOが制作に用いる道具や素材、試作なども展示され、制作の裏側を知ることができます。TASKOがどんな風にものづくりを工夫しているかが実感できます。

 

  • 7.TASKOの棚から7《TASKOの棚から》 2021年  ©TASKO
  •  
  •  

4.つくる展初出品の特別作品を展示!【展示期間限定】

たくさんのスイッチが並んだ"すわれるイス型デバイス"!?

これまで多くの会場で開催されてきた「つくる展」でも今回初公開の《PIXTERIOR(ピクステリア)》(8)は、Pixel+Interior/Exterior+Ulterior(先の、将来の)の語をかけあわせたタイトルの最新作です。押しボタンスイッチが並んだイスの表面に、ピクセル画やカラフルな映像が映り、遊べるデバイスとしても家具としても楽しめます。この機会に是非すわって、触って、体験してください!

 

 

 

  • 8.PIXTERIOR 8《PIXTERIOR》2024年 ©日本テレビR&Dラボ・TASKO・サンミューロン
  • 《PIXTERIOR》展示期間

    7月20日(土)~7月30日(火)

    8月18日(日)~9月18日(水)

  •  

 

つくる展  TASKOファクトリーのひらめきをかたちに

 

会期 2024年7月20日(土)~9月23日(月・振)
休館日

月曜日ただし8月12日、9月16日、9月23日は開館、翌日休館

会場 茨城県近代美術館
入場料

一般1,000(870)円/満70 歳以上500(430)円/高大生730(610)円/小中生370(240)円


※(  )内は20名以上の団体料金
※夏休みをのぞく土曜日(7/20、9/7、14、21)は高校生以下無料
※障がい者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方および付き添いの方(1名)は無料
※9月15日(日)~9月21日(土)は満70 歳以上の方は入場無料(9月17日[火]は休館)

開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
主催 茨城県近代美術館
後援

水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局/LuckyFM茨城放送

協力 大人の科学/Gakken
企画制作 東映株式会社
企画協力

株式会社TASKO

お問い合わせ先

お問い合わせ先
住所 〒310-0851茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL 029-243-5111
FAX 029-243-9992
メール

【企画展全般について】
お問い合わせフォーム
【企画展関連イベントについて】
eventbox@modernart.museum.ibk.ed.jp
【マスコミ向け企画展広報について】
fukyu-pub@modernart.museum.ibk.ed.jp


掲載日 令和6年2月22日 更新日 令和6年6月4日

カテゴリー