このページの本文へ移動

本日 5月23日(木)の開館状況

クリックすると、各館の案内がご覧いただけます。

トップ所蔵作品展令和6年度> 木村武山 須磨御殿杉戸絵

木村武山 須磨御殿杉戸絵

所蔵作品展[展示室2]

会期ごとに設定したテーマにもとづき、当館のコレクションから作品を選び、ご紹介しています。

木村武山 須磨御殿杉戸絵

大正時代の実業家・政治家、内田信也( 1 8 8 0 - 1 9 7 1/現・行方市出身)が神戸市須磨に建てた豪奢な邸宅は、須磨御殿とも呼ばれました。

今回展示する須磨御殿杉戸絵は、この邸宅を飾るために日本画家の木村武山( 1 8 7 6 - 1 9 4 2/現・笠間市出身)が描いたものです。

阪神淡路大震災により須磨御殿は大きな被害を受けましたが、杉戸絵は奇跡的に損傷を免れ、往時の華やかさを今に伝えています。

貴重な杉戸25枚(44面)を公開します。

 

木村武山《須磨御殿杉戸絵 秋草図・白菊図》のうち《白菊図》1918ー19年頃

木村武山《須磨御殿杉戸絵 秋草図・白菊図》のうち《白菊図》1918ー19年頃

木村武山 須磨御殿杉戸絵
会期 2025年2月18日(火)~次年度

毎日開催! コレクションミニガイド

コレクションミニガイド
平日※ 午前10時

※所蔵作品展のみの期間中に開催します(企画展開催中はなし)

 

当館の展示解説員によるわかりやすい所蔵品案内です (各回20分程度)。

 


掲載日 令和6年2月18日 更新日 令和6年3月28日