このページの本文へ移動

本日 4月22日(月)の開館状況

クリックすると、各館の案内がご覧いただけます。

トップ企業パートナーシップ事業> 茨城県近代美術館 企業パートナー制度

茨城県近代美術館 企業パートナー制度

 

当美術館では、地域社会への貢献を理念に掲げ、より良い社会づくりに取り組んでいる企業や団体とパートナーシップを結び、本県の文化芸術を一緒になって振興していこうという新しいシステムを令和2年度にスタートさせました。

 

 

企業パートナーシップ事業

このシステムではプラチナ(300万円以上)、ゴールド(100万円以上)、シルバー(50万円以上)の3プランがあり、支援金等(役務提供も含む。)の額に応じて美術館からは様々な特典を提供します。支援金等は、展覧会をはじめ教育普及活動や広報活動などの各種事業に効果的に活用してまいります。 

パートナーシップ事業の図

パートナー企業

プラチナパートナー

ゴールドパートナー

シルバーパートナー

運営支援協議会

パートナー企業と美術館で組織する当協議会は、「展覧会の充実」「郷土作家等に関する調査研究」「教育普及活動」「その他目的達成に必要な事業」にかかる事業計画及び予算・決算などを審議決定します。

 

  • 美術館運営支援協議会の右からの写真
  • 美術館運営支援協議会の左からの写真

 企業パートナーシップ事業の効果をさらに拡大するために、令和5年度から本制度の対象施設に、当館の分館である「つくば分館」並びに「天心記念五浦分館」を追加して事業展開を図ることになりました。

支援金を活用した事業例

展覧会の充実

海外からの出品による展覧会をはじめ、美術ファン待望の魅力あふれる展覧会の開催を支援します。
令和5年度は、「土とともに 美術にみる〈農〉の世界」展に支援金を充当しますとともに、次年度以降に予定する企画展の開催準備金として積み立てます。

 

オープニングセレモニーの写真

教育普及活動

学校教育における文化芸術の鑑賞や体験などの環境づくりを推進するため、学校と美術館を結ぶ「教育普及アートバス事業」を展開します。

  • アートバスに乗り込む小学生
  • 美術館に入っていく小学生

広報活動 

展覧会広報として、デジタルサイネージ・車体広告・大型フラッグなどを活用し、企画展の情報を発信しています。

  • 常陽銀行デジタルサイネージ
    常陽銀行デジタルサイネージ
  • 茨城交通広告
    茨城交通バス車体広告
  • 関東鉄道広告
    関東鉄道バス車体広告
  • 水戸駅大型ボード
    水戸駅大型ボード
  • 美術館外壁大型フラッグ
    美術館外壁大型フラッグ

特典

ご支援いただく金額に応じて様々な特典を提供させていただきます。また、ご要望に応じてカスタマイズも可能です。

例:パートナー企業名の掲出

●屋外サインボード

美術館正面玄関前の写真 屋外サインボードの写真

[ 美術館正面玄関前 ]

●エントランスサインボード

館内受付正面付近の写真 エントランスボードの写真

[ 館内受付正面付近 ]

  • ●デジタルサイネージ

    デジタルサイネージの写真
    [ 2階 展示室出口ギャラリー ]
  • ●カタログスタンド

    カタログスタンドの写真
    [ 2階 展示室出口ギャラリー ]

茨城県近代美術館 企業パートナー制度のお問い合わせ

お問い合わせ先
担当 企業パートナー制度事務局担当:田口、山口
住所 〒310-0851  茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL 029-243-5111
 FAX 029-243-9992
E-mail partner612ed67246a8amodernart.museum.ibk.ed.jp

掲載日 令和5年10月6日 更新日 令和6年4月11日

カテゴリー

  • 茨城県近代美術館 企業パートナー制度