ホーム > 展覧会 > どっちがどっち?いわいとしお×岩井俊雄-100かいだてのいえとメディアアートの世界-

どっちがどっち?いわいとしお×岩井俊雄
-100かいだてのいえとメディアアートの世界-

どっちがどっち?いわいとしお×岩井俊雄-100かいだてのいえとメディアアートの世界-

 子どもたちに大人気の絵本作家・いわいとしおと、メディアアートの第一人者・岩井俊雄。一見、相反する異ジャンルのクリエイターは、実は同一人物だった!子ども時代の発明ノートやパラパラマンガ、絵本原画やスケッチ、メディアアートの再現展示によって、その多種多様な表現世界の全貌と創作の秘密に迫ります。

いわいとしお×岩井俊雄

photo: Takashi Yashima

作家略歴

いわいとしお/岩井俊雄◉1962年愛知県生まれ。絵本作家であり、メディアアーティスト。子どもの頃に母親から「もうおもちゃは買いません」と言われ、ものづくりに目覚める。筑波大学大学院修士課程芸術研究科修了。テレビ番組やゲームのソフト制作、電子楽器開発など多岐にわたる活動を展開し、現代日本美術展大賞、文化庁メディア芸術祭大賞、芸術選奨文部科学大臣賞ほか数多く受賞。娘との手作りおもちゃをきっかけに、2006年より絵本作家としての活動を開始。2008年刊行の『100かいだてのいえ』は、子どもたちに大人気となり、シリーズ累計発行部数400万部を数える。現在、絵本を通して、子どもや親子にものづくりの楽しさを伝えるワークショップを多数開催している。

見どころ

※一部変更になることがあります。

『100かいだてのいえ』はこうして生まれた! ― ミリオンセラーの秘密に迫る。

本を縦に開く画期的な絵本『100かいだてのいえ』は、子どもが数字の繰り上がりに悩んでいるのを見たことがヒントとなって生まれました。様々な動物たちが暮らす部屋の細かな描写をはじめ、絵本の構造や印刷の手法にまでこだわりぬいた絵本づくりの過程を、貴重なアイディアスケッチや下絵などを通して詳しく紹介します。あわせて子どもたちには、絵本の絵を読み解く力を発揮できる、楽しいクイズをご用意します。

『100かいだてのいえ』はこうして生まれた
『100かいだてのいえ』はこうして生まれた

いわいさんちの手作りおもちゃが大集合!

絵本作家として活動を始める前から、作家が子どもと一緒になって作っていた木や紙の手作りおもちゃを一堂に展示します。親子の愛が溢れる、世界でたったひとつの手作りおもちゃをぜひ、この機会に間近でご覧ください。

手作りおもちゃの展示風景

手作りおもちゃの展示風景 (2018年)

マンガやアニメ好きの少年は、いかにして世界的アーティストになったのか? ― 初公開資料も盛りだくさん!

母親から「もう、おもちゃは買いません」と宣言されたのは、作家が10才の頃。その後、父親の助けを得ながらものづくりに没頭し、徐々にその創造性を開花させていきます。本展では、当時の発明ノート『工作ブック』をはじめ、中学時代に手塚治虫に心酔して描いたマンガやイラスト、高校時代に制作した油彩画やクロッキーなど、本邦初公開を含む貴重な子ども時代の作品のほか、影響を受けた本やマンガ、本人が使っていた顕微鏡、ラジカセ、ゲーム機などゆかりの品々を多数展示し、その人物像を浮き彫りにします。

工作ブック

工作ブック(1973年頃)
発明品のアイディアを描きため自作したものには「済」マークを記した

子どもも、大人も楽しめる展示 ― 絵や立体が動き出す!

作家は、子どもの頃にテレビアニメに魅了され、教科書やノートにパラパラマンガをいくつも描いていました。また、筑波大学在学中はさらに映画やアニメーションの歴史に興味を広げ、19世紀に発明された「驚き盤」や「ゾートロープ」に新たな可能性を見出しました。本展では、小学生の頃に友人たちを楽しませたパラパラマンガや大学時代の驚き盤などを複製し、実際に来場者が自ら触って体験できるようにします。さらに《立体ゾートロープ》(1988年)や《時間層II》(1985年)など、平面から立体へと進化した映像表現への取り組みをご鑑賞いただきます。

子ども時代のパラパラマンガ

子ども時代のパラパラマンガ(1972-74年)
算数や理科のノートの端に描いた

子ども時代のパラパラマンガ

XY PLOTTER FLIPBOOK(1983年)
大学時代にコンピュータで制作

子ども時代のパラパラマンガ

立体ゾートロープ(1988年)
ハンドルを回すと立体が動き出す!

世界を魅了したメディアアート作品がよみがえる!

楽器が弾けなくても、楽譜が読めなくても、音楽を自由に奏でられたらーそんな夢を作家自らかなえたのが、1995年にドイツで発表され世界中の人々を魅了した《映像装置としてのピアノ》です。映像と音楽と人との一体化をテーマにした作家の代表作ですが、残念ながら2000年代以降展示する機会は失われていました。本展では、その作品を20数年ぶりによみがえらせる予定です。メディアアートの傑作を直に体験できる貴重な機会を、お見逃しなく!

映像装置としてのピアノ

映像装置としてのピアノ(1995年)

アートフォーラムコーナー

当館1階のフリースペース(アートフォーラムコーナー)において、本展特別展示及びワークショップスペースが出現します。夏休みの1日を、ご家族そろって美術館でお過ごしください。

だれもが参加できるワークショップスペース「みんなでつなごう!100かいだてのいえ」

自分の描いた絵が、他の人とつながって、どんどん広がっていく面白さを体感しましょう!

特別再現展示《マン・マシン・TV No.8(ビデオカメラ)》(1989年/2022年)

テレビの前でポーズをとって、2コマアニメパフォーマンスに挑戦!メディアアートの楽しさを全身で感じましょう!


詳細はこちら →アートフォーラム

 

会期 2022年7月2日(土)~9月19日(月・祝)
会場 茨城県近代美術館
入場料 一般1,000(870)円/満70歳以上500(430)円/高大生730(610)円/小中生370(240)円
※( )内は20名以上の団体料金
※夏休み期間を除く土曜日は高校生以下無料
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料
※9月15日(木)~19日(月・祝)は満70歳以上の方は無料
【WEB予約をおすすめします】
当館ホームページで「日時指定WEB整理券」(無料)を取得された方が優先入場となります。来館日の1カ月前より予約可能です。

日時指定WEB整理券について詳しくはこちら
開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日 ただし7月18日(月・祝)・9月19日(月・祝)は開館、7月19日(火)休館
連絡先
(お問い合わせ)
茨城県近代美術館
〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL:029(243)5111 / FAX:029-243-9992
E-mail: info@modernart.museum.ibk.ed.jp
主催 茨城県近代美術館
後援 水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局
協力 偕成社/紀伊國屋書店

企画展関連イベント

いわいとしお講演会 「子どもたちに伝えたい、空想すること、作ること」(大人向け)
終了しました
日時
2022年7月10日(日)14:00~16:00
会場
地階講堂
定員
100名(絵本や子どもの美術教育に興味のある方向け)
参加費
無料
申込方法
①来館 ②往復はがき ③参加申込フォーム

→イベントの詳細はこちら
申込締切
定員に達した時点で受付を終了いたします。
岩井俊雄講演会 「メディアアートに未来はあるか?」(大人向け)
終了しました
日時
2022年7月30日(土)14:00~16:00
会場
地階講堂
定員
100名(メディアアートに興味のある方向け)
参加費
無料
申込方法
①来館 ②往復はがき ③参加申込フォーム

→イベントの詳細はこちら
申込締切
定員に達した時点で受付を終了いたします。
いわいとしお絵本ライブ 「いわいとしおさんと絵本で遊ぼう!」(親子向け)
終了しました
日時
2022年7月10日(日)10:00~12:00
会場
地階講座室
定員
40名(小学生以下+保護者で)
参加費
無料 ※保護者様を含め、1人50円のレクリエーション保険への加入をお願いしています。(加入当日限り有効)
申込方法
参加申込フォーム

→イベントの詳細はこちら
申込締切
定員に達した時点で受付を終了いたします。
いわいとしおワークショップ 「100人でつくろう!100かいだてのいえ」(どなたでも!)終了しました
日時
2022年7月31日(日)午前の部10:00~12:00/午後の部14:00~16:00
会場
地階講座室
定員
各回50名(小学生以下は保護者の同伴が必要/親子でも、大人1人でも参加できます)
参加費
無料  ※保護者様を含め、1人50円のレクリエーション保険への加入をお願いしています。(加入当日限り有効)
申込方法
参加申込フォーム

→イベントの詳細はこちら
申込締切
定員に達した時点で受付を終了いたします。
イベントの申込方法

・来館の場合(講演会のみ)

当館総合受付にて申込書を記入。

・往復はがきの場合(講演会のみ)

往信用文面に希望者全員(1枚につき4名様まで)の氏名、代表者の住所、電話番号、参加を希望する講演会名、返信用宛名面に代表者の住所と氏名を記入し、当館「いわいとしお展 講演会係」まで送付。

・参加申込フォームの場合

以下の各イベントの「参加申込フォーム」から申込(1人につき1回4名様まで)。
 ※必ず当館からのメールを受信できるアドレスをご入力ください。

●各イベント用参加申込フォーム

  • ・7月10日(日) 講演会「子どもたちに伝えたい、空想すること、作ること」 →募集定員に達したため受付終了
  • ・7月30日(土) 講演会「メディアアートに未来はあるか?」→ 募集定員に達したため受付終了
  • ・7月10日(日) 絵本ライブ「いわいとしおさんと絵本で遊ぼう!」 → 募集定員に達したため受付終了
  • ・7月31日(日) ワークショップ「100人でつくろう!100かいだてのいえ」→ 募集定員に達したため受付終了

※各イベントは日時・内容等が変更になる可能性があります。

お問い合わせ先

茨城県近代美術館
〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL:029-243-5111 FAX:029-243-9992
E-mail:
fukyu-pub@modernart.museum.ibk.ed.jp (企画展広報)
eventbox@modernart.museum.ibk.ed.jp (企画展関連イベント)