ホーム > 展覧会 > 所蔵作品展

所蔵作品展

4,000点を超える当館所蔵作品を、年に数回の展示替えによってご覧いただいております。

茨城ゆかりの作家、横山大観・小川芋銭うせん・中村つねをはじめ、日本と西洋の近代美術作品をテーマにそって展示しています。

展示室1日本の近代美術と茨城の作家たち 夏
終了しました。次回所蔵作品展「日本の近代美術と茨城の作家たち 秋から冬へ」は10/22(土)スタート。

会期:2022年6月24日(金)~9月19日(月・祝)
※8/8(月)に全ての日本画と水彩画の一部を展示替え
出品目録

中西利雄《船と教会》1930年頃

中西利雄《船と教会》1930年頃

横山大観、小川芋銭うせん、中村つねをはじめ、茨城ゆかりの作家による夏を感じさせる作品を中心に紹介します。また、令和3年度新収蔵作品の中から8点(前期・後期あわせて)を初展示いたします。

主な出品作家
小川芋銭うせん/横山大観/下村観山/菱田春草/浦田正夫/中村彝/岸田劉生/鈴木良三/中西利雄/小堀進/カミーユ・ピサロ/クロード・モネ/ウジェーヌ・カリエール

ようこそ!美術の森へ 学芸員と巡るコレクション

~学芸員と一緒に作品の魅力を再発見するひととき~

〔実施日〕7月16日(土) 〔時間〕午前11時~(30分程度)

所蔵作品展のチケットをご用意ください。
都合により変更または中止になる場合があります。
ご来館の際は当館HP「お知らせ・新着情報」でご確認いただくか、当館までお問い合わせください。

展示室2「視覚のふしぎ」
終了しました。次回所蔵作品展「新収蔵作品を中心に」は10/22(土)スタート。

会期:2022年6月24日(金)~9月19日(月・祝)
出品目録

山口勝弘《ヴィトリーヌ》1955年

山口勝弘《ヴィトリーヌ》1955年

色彩や形態、表現技法の工夫によって、見る者の視覚や想像力を刺激する作品をご紹介します。
「だまし絵」のような効果をもたせた絵画、動きを感じさせる作品、見る角度によってイメージが変化する立体など、視覚芸術のふしぎな世界をお楽しみください。

主な出品作家
靉嘔あいおう/上田薫/堀内正和/三田村畯右/山口勝弘/湯原和夫

ようこそ!美術の森へ 学芸員と巡るコレクション

~学芸員と一緒に作品の魅力を再発見するひととき~

〔実施日〕8月20日(土) 〔時間〕午前11時~(30分程度)

所蔵作品展のチケットをご用意ください。
都合により変更または中止になる場合があります。
ご来館の際は当館HP「お知らせ・新着情報」でご確認いただくか、当館までお問い合わせください。