ホーム > 展覧会 > 所蔵作品展

所蔵作品展

4,000点を超える当館所蔵作品を、年に数回の展示替えによってご覧いただいております。

茨城ゆかりの作家、横山大観・小川芋銭うせん・中村つねをはじめ、日本と西洋の近代美術作品をテーマにそって展示しています。

展示室1日本の近代美術と茨城の作家たち 冬から春へ

会期:2022年12月24日(土)~2023年4月9日(日)
※2月13日(月)、14日(火)に一部展示替え 出品目録

クロード・モネ《ポール=ドモワの洞窟》

クロード・モネ《ポール=ドモワの洞窟》
1886年
※展示期間 12月24日(土)~2月12日(日)

横山大観、小川芋銭うせん、中村つねなど茨城ゆかりの作家の作品を中心に、冬から春への季節を感じさせる作品をご紹介します。

主な出品作家
横山大観/小川芋銭/中村彝/小出楢重/岸田劉生/須田国太郎/オーギュスト・ルノワール

ようこそ!美術の森へ 学芸員と巡るコレクション

~学芸員と一緒に作品の魅力を再発見するひととき~

〔実施日〕2月18日(土) 〔時間〕午前11時~(30分程度)

所蔵作品展のチケットをご用意ください。
都合により変更または中止になる場合があります。
ご来館の際は当館HP「お知らせ・新着情報」でご確認いただくか、当館までお問い合わせください。

展示室2熊岡美彦よしひことその時代

会期:2022年12月24日(土)~2023年2月12日(日)
出品目録

熊岡美彦《ベニスのカナル》1927年

熊岡美彦《ベニスのカナル》1927年
※令和3年度新収蔵作品

石岡市出身の洋画家・熊岡美彦(1889-1944)は、大正から昭和の戦前にかけて官展を舞台に活躍しました。昨年度新たにコレクションに加わった3点をはじめとする熊岡作品のほか、彼に教えを受けた洋画家たちの作品などをご紹介します。

主な出品作家
熊岡美彦/斎藤与里/森田茂/小貫綾子/斎藤久子/小又光

ようこそ!美術の森へ 学芸員と巡るコレクション

~学芸員と一緒に作品の魅力を再発見するひととき~

〔実施日〕1月21日(土) 〔時間〕午前11時~(30分程度)

所蔵作品展のチケットをご用意ください。
都合により変更または中止になる場合があります。
ご来館の際は当館HP「お知らせ・新着情報」でご確認いただくか、当館までお問い合わせください。

毎日開催! コレクションミニガイド

平日:午前10時

当館の展示解説員によるわかりやすい所蔵品案内です (各回20分程度)。

詳細ページはこちら