ホーム > イベント > 美術講演会・鑑賞講座

美術講演会・鑑賞講座

展覧会にちなんだ講演会や鑑賞講座を開催しています。

講演会+実演「版で描くように摺る―清宮せいみや質文なおぶみの木版画技法の秘密に迫る」
終了しました。

 清宮質文の木版画は、同じ版を用いた作品でも数種類のヴァリエーションが存在するなど、幾重もの摺りによる工程を重ねた複雑かつ繊細な表現が特徴です。
近年同氏が発表された、清宮版画の再現実験に基づく研究成果をふまえ、制作工程の特徴を語っていただくとともに、清宮の代表作の摺りを実際に再現しながら、その秘められたテクニックをご紹介いただきます。

講師
佐野さの 広章ひろあき氏(桐生大学短期大学部准教授)
略歴
1972年、埼玉県生まれ。1999年、多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。2022年、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻修了、博士号取得。現在、日本版画協会会員、群馬版画家協会会員、版画学会会員、芸術学研究会会員、桐生大学短期大学部アート・デザイン学科准教授。木版画作品を主に制作し、個展開催と国内外の企画展示で成果を発表している。また、木版画制作者としての視座に立ち、技法に関する論文執筆とワークショップによる活動もおこなっている。
日時
2023年1月21日(土)午後2時~午後3時30分
会場
地階講堂
定員
100名(要事前申込、参加費無料)
申込方法
①来館
美術館総合受付にて参加申込書を記入(1枚につき4名様まで)。
②往復はがき
往信用文面に希望者全員(1枚につき4名様まで)の氏名、代表者の住所、電話番号、参加を希望するイベント名、返信用宛名面に代表者の住所と氏名を記入し、当館「戦後日本版画の展開展 イベント係」まで送付。
〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666-1
茨城県近代美術館「戦後日本版画の展開展 イベント係」


③参加申込フォーム
下記の申込専用フォームから申込(1人につき1回4名様まで)。
※必ず当館からのメールを受信できるアドレスをご入力ください。
終了しました。

※当日に関する詳細等は、お申込後、申込書控え(来館による申込の場合)、返信はがき、メール(申込専用フォームから申込の場合)でお知らせいたします。メールは「回答のコピー」「メール受信の通知」の2通の自動返信メールのほか、後から参加の可否(参加いただける場合は当日の詳細等)をお送りします。
申込締切
定員に達した時点で受付を終了いたします。
その他
日時・内容が変更になる場合があります。

学芸員による鑑賞講座
終了しました。

 県内のコレクター・照沼毅陽氏から寄贈いただいた版画コレクションを中心に構成する本展を通して、戦後日本の多様化する版画作品をご紹介しながら、現代にいたる流れをたどります。

講師
永宮ながみや勤士きんじ(本展担当学芸員)
日時
2023年1月15日(日)午後2時~午後3時30分
会場
地階講堂
定員
100名(要事前申込、参加費無料)
申込方法
①来館
美術館総合受付にて参加申込書を記入(1枚につき4名様まで)。
②往復はがき
往信用文面に希望者全員(1枚につき4名様まで)の氏名、代表者の住所、電話番号、参加を希望するイベント名、返信用宛名面に代表者の住所と氏名を記入し、当館「戦後日本版画の展開展 イベント係」まで送付。
〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666-1
茨城県近代美術館「戦後日本版画の展開展 イベント係」


③参加申込フォーム
下記の申込専用フォームから申込(1人につき1回4名様まで)。
※必ず当館からのメールを受信できるアドレスをご入力ください。
終了しました。

※当日に関する詳細等は、お申込後、申込書控え(来館による申込の場合)、返信はがき、メール(申込専用フォームから申込の場合)でお知らせいたします。メールは「回答のコピー」「メール受信の通知」の2通の自動返信メールのほか、後から参加の可否(参加いただける場合は当日の詳細等)をお送りします。
申込締切
定員に達した時点で受付を終了いたします。
その他
日時・内容が変更になる場合があります。

イベントチラシをpdfで開く

チラシ