茨城県近代美術館

The Museum of Modern Art, Ibaraki

ENGLISH サイトマップ
ホーム > 展覧会 > 次回企画展

開館30周年記念 茨城県近代美術館名品展
ザ・ベスト モネ、ルノワール、大観から靉嘔まで

 茨城県近代美術館は2018年10月,開館30周年を迎えました。本展では,美術館の前身時代より70年間を通じて収集してきたコレクション約4,000点の中から,選りすぐりの名品約100点を一堂に展示いたします。
 水戸出身の横山大観が北茨城の五浦で完成させた代表作「流燈」をはじめ,牛久に暮らし水魅山妖を愛し描いた小川芋銭らの日本画,近代日本を代表する洋画家の中村彝や佐伯祐三らの油彩画,洋画家たちに影響を与えたモネやルノワール等西洋の印象派絵画,他にも駒井哲郎や靉嘔らの充実した版画コレクション,水彩画や彫刻の優品など,当館のオールスター級の作品が勢揃いします。
 会場では,“名品ツアー”と銘打ち,当館の人気キャラクター「きんびー」が作品の見どころを分かりやすく解説しながらご案内します。また,「名品って何?」というテーマで,なぜその作品が評価され愛されているのかを探る,これまでにない斬新な試みも行います。
 梅まつり期間(2019年2月16日~)の会期中は無休で開館します!!是非ご家族で,お友達で,じっくりとお一人で,またとないベストな出会いの時間をお楽しみください。

  • 企画展

    オーギュスト・ルノワール「マドモワゼル・フランソワ」1917年

  • 企画展

    クロード・モネ「ポール=ドモワの洞窟」1886年

  • 企画展

    横山大観「流燈」1909年

  • 企画展

    小川芋銭「〈河童百図〉因指月」1937年

  •           
  • 企画展

    長谷川潔「長谷川潔の肖像 花」1963年

  • 企画展

    靉嘔「田園」1955年

  
会期 2019(平成31)年2月9日(土)~3月24日(日)
会場 茨城県近代美術館
入場料 一般600(480)円/満70歳以上300(240)円/高大生360(310)円/小中生240(170)円
※( )内は20 名以上の団体割引料金
※障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等をご持参の方は無料。
※2月20日(水)、3月20日(水)は満70歳以上の方は無料。
※土曜日は高校生以下無料(春休み期間は除く)
開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日 (※ただし2月11日(月祝)は開館、12日(火)は休館、梅まつり期間(2月16日~)は開館します)
連絡先
(お問い合わせ)
近代美術館
〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL:029(243)5111 / FAX:029-243-9992
MAIL:info@modernart.museum.ibk.ed.jp
主催 茨城県近代美術館
後援 水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局

このページのトップへ