茨城県近代美術館

The Museum of Modern Art, Ibaraki

ENGLISH サイトマップ
ホーム > 展覧会 > 企画展

開館30 周年記念企画展
「美術館へのおくりもの―寄贈によるコレクション成長のあゆみ」

 2018 年、当館は開館30 周年を迎えます。美術館にとって重要な財産といえるもの、それはコレクション(収蔵品)です。当館の前身である茨城県立美術館が開館した1947 年からおよそ70 年にわたる作品収集のあゆみの中で、大きな位置を占めるのが「寄贈」です。当館は、様々な人々からの貴重な「おくりもの」によって支えられてきました。美術館に作品を寄贈する―そこには単なる「もの」の授受にとどまらず、作家や遺族、個人コレクター、画廊や地元企業との多様なつながりの物語がありました。
 様々な「おくりもの」は、どのように当館コレクションの特色を育ててきたのでしょうか。美術館の作品収集には、作品を集めて展示する、そして展示することで作品が集まってくる、という不思議なサイクルがあり、作品収集と展覧会活動は密接な関わりを持ちます。「おくりもの」は、当館がどのような展覧会を開催してきたか、作品に携わる人々とどのような関係を築いてきたかということの反映でもあるのです。
 本展は、作品寄贈にまつわる様々な背景を掘り起こしつつ、過去の展覧会の記憶も併せて展示する試みです。また、近年寄贈を受けた新発見の中村彝〈伊原元治氏像〉の初公開の機会となります。当館に携わったすべての方々へ感謝と「これからもよろしくお願いします」の気持ちを込めて、寄贈によるコレクション成長のあゆみを振り返ります。

  • 企画展

    中村彝「伊原元治氏像」1920(大正9)年
    当館蔵 ☆新発見

  • 企画展

    横山大観「紫山返照」1935(昭和10)年
    当館蔵

  • 企画展

    カミーユ・ピサロ
    「グラット=コックの丘からの眺め、ポントワーズ」1878年
    当館蔵

  • 企画展

    建畠覚造「Spiral-2」1988(昭和63)年
    当館蔵

  • 企画展

    菱田春草「落葉」1909(明治42)年
    当館蔵

  • 企画展

    オノレ・ドーミエ「善きブルジョワたち 47」1847年
    当館蔵

会期 平成30年4月21日(土)~6月3日(日)
会場 茨城県近代美術館
入場料 一般600(480)円/高大生360(310)円/小中生240(170)円
※( )内は20 名以上の団体割引料金
※満70 歳以上の方,障害者手帳等をご持参の方は無料。土曜日は高校生以下無料
開館時間 午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし,4月30日(月)及び5月1日(火)は開館)
連絡先
(お問い合わせ)
近代美術館
〒310-0851 茨城県水戸市千波町東久保666-1
TEL:029(243)5111 / FAX:029-243-9992
MAIL:info@modernart.museum.ibk.ed.jp
後援 水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/NHK 水戸放送局/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局

会期中のイベント

オープニングセレモニー

※終了しました。

日時
4月21日(土) 9:10~
会場
企画展示室入口
定員
先着50名
申込方法
事前申込(来館,または往復ハガキ),締切4月7日(土)(ハガキ必着)   
①来館 1階総合受付にて参加申込書に記入。       
②往復ハガキ 往信用文面に参加者全員の氏名、住所、年齢、電話番号を明記し、返信用宛名面には代表者住所・氏名を明記し、「オープニング係」宛に送付。
    
内容
オープニングセレモニー(テープカット),企画展鑑賞。
スライドトーク「新発見!中村彝《伊原元治氏像》をめぐって」

※終了しました。

日時
4月21日(土) 14:00~
会場
2階企画展示室出口
定員
なし(申込不要、要企画展チケット)
内容
新発見の中村彝「伊原元治氏像」について,寄贈にいたるまでのエピソードを交えながら作品の制作背景について解説します。
解説
小泉淳一(当館学芸顧問)
ワークショップ「折形(おりがた)にふれてみよう 日本人の「贈り物」の心と形」
日時
4月22(日) 午前の部10:00~12:00,午後の部14:00~16:00
会場
地階講座室
定員
各回先着40名(事前申込、当日空きがあれば参加可)
講師
飯田 美和子(折形礼法猷和会)
内容
贈る心を形にあらわす日本の折形の精神を学び実際に制作します。
材料費
500円
申込方法
事前申込(来館,または往復ハガキ),締切4月21日(土)(ハガキ必着)   
①来館 1階総合受付にて参加申込書に記入。       
②往復ハガキ 往信用文面に参加者全員(1枚につき4名様まで)の氏名、住所、年齢、電話番号を、返信用宛名面には代表者住所・氏名を明記し、「4/22ワークショップ折形にふれてみよう係」宛に送付。
GW スペシャル 学芸員によるリレー・ギャラリートーク
日時
5月4日(金祝)・5日(土祝) 14:00~15:00
会場
2階企画展示室
定員
なし(申込不要、要企画展チケット)
内容
ベテラン・中堅・若手,各世代の学芸員が「思い出の1点」についてリレー形式で話します。
ワークショップ「箱の中のメッセージ-色と形に思いをこめて-」
日時
5月12日(土) 10:00~16:00
会場
地階講座室および展示室
定員
先着30名(事前申込、要企画展チケット)
講師
野沢二郎(本展出品作家,明星大学教育学部教授)
内容
絵の具を使ったさなざな技法(モダンテクニック)を体験します。気に入った模様を切って厚紙に貼って大中小3つの箱を作ります。箱の中に入れるメッセージも作ります。大切な人へ、自分へ・・・。おくりものを丸ごと作るワークショップです。
申込
事前申込(来館,または往復ハガキ),締切4月27 日(金)(ハガキ必着)       
①来館 1階総合受付にて参加申込書に記入。       
②往復ハガキ 往信用文面に参加者全員(1枚につき4名様まで)の氏名、住所、年齢、電話番号を、返信用宛名面には代表者住所・氏名を明記し、「5/12ワークショップ箱の中のメッセージ係」宛に送付。
ミュージアムコンサート「中山うりミニライブ」
日時
5月20日(日) 11:00~,14:00~(各回30分程度)
会場
エントランスホール
定員
各回150名(申込不要,参加無料)
出演
中山うり(うた・アコーディオン・ギター・トランペット),南勇介(ウッドベース)
小林創(ピアノ),大渕愛子(フィドル)

詳細ページはこちら

講演会「大塚屋子之吉さんのこと,黄門料理のこと」
日時
5月26日(土) 14:00~15:30
会場
地階講堂
定員
250名(申込不要)
内容
寄贈者の一人,水戸の料亭「大塚屋」のご主人であった大塚子之吉氏は黄門料理の研究家でした。大塚さんの思い出とともに,黄門料理についてお話しをします。
講師
小泉淳一(当館学芸顧問)
Le cadeau(ル・カドー)
日時
6月2日(土)・3日(日) 9:30~16:00
会場
千波湖側テラス・芝生広場
内容
Le cadeau(仏語でおくりもの)をテーマにした花とお茶を囲むマルシェです。

このページのトップへ