茨城県近代美術館

The Museum of Modern Art, Ibaraki

ENGLISH サイトマップ
ホーム > イベント > 美術講演会

美術講演会

展覧会にちなんだ講演会を開催しています。

企画展記念講演会
「1910年代フランス モネやピカソが生きた激動の時代」

日時
9月30日(日) 14:00~15:30
会場
地階講堂
定員
先着250名
講師
木島俊介氏(ポーラ美術館館長・企画展監修者)

1939年鳥取県生まれ。
ポーラ美術館館長,Bunkamuraザ・ミュージアムプロデューサー,共立女子大学名誉教授
慶應義塾大学文学部卒業,美学・美術史専攻。
フィレンツェ大学,ニューヨーク大学大学院,同美術史研究所に学ぶ。
群馬県立近代美術館館長および群馬県立館林美術館館長,共立女子大学教授等を歴任。
著書に『美しき時祷書の世界』(中央公論社),『名画を愛した女たち―画家とモデルの物語』(集英社),訳書に『ヨーロッパの装飾芸術』(中央公論社)など。

開館30周年記念特別講演会
「西洋美術の日本における受容」

日時
10月14日(日)14:00~15:30
会場
地階講堂
定員
先着250名
講師
高階秀爾氏(美術史家・大原美術館館長)

1932年東京生まれ。
大原美術館(倉敷市)館長。東京大学名誉教授。
専門領域は西洋近代美術史。東京大学大学院在学中にフランス政府招聘給費留学生としてフランスに留学。
帰国後国立西洋美術館主任研究官,東京大学文学部教授,国立西洋美術館長などを歴任。
フランスの芸術文化勲章コマンドゥール章,レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ章,文化勲章など。
『名画を見る眼』(岩波新書)他著作多数,訳書に『絵画の見方』(ケネス・クラーク)など。

トップページへもどる

このページのトップへ