茨城県近代美術館

The Museum of Modern Art, Ibaraki

ENGLISH サイトマップ
ホーム > 教育・研究 > 高校生特派員制度

高校生特派員制度

1.目的

若い世代が芸術文化に興味関心をもち、美術館などに自主的・主体的に来館することができるよう、主に水戸市内高等学校(美術部など)と連携した普及事業に積極的に取り組むことを目的としています。

2.期間

任命の日から令和2年3月31日(火)まで

3.対象校

水戸市内を中心とする(公私立)高等学校
※水戸市以外の高等学校も参加できます。

4.内容

  • (1) 上記対象校の美術部員等のうち、希望する生徒を近代美術館特派員(以下「特派員」という)に任命します。
  • (2) 特派員は事前登録制です。茨城県近代美術館の館長が、特派員証を交付します。
  • (3) 特派員は、この制度を有効に活用して美術館に意欲的に来館し、展覧会の見どころなどの情報発信を学校の内外で積極的に行います。
  • (4) 特派員が同校の生徒とともに来館した場合は、同伴者の入館料は団体割引料金とします。
  • (5) 特派員証の有効期限は上記実施期間とし、特派員証を受付に提示すれば、その期間の企画展、所蔵作品展の入館料は無料になります(当館では、高校生以下の方は毎週土曜日は無料となります。ただし、夏休みなどの長期休業期間の土曜日は入館料が必要ですが、特派員は、長期休業期間の土曜日も入館無料になります)。

5.これまでの活動について

平成31年度(令和元年度)の活動

参加校 13校(150名)
水戸第一高等学校、水戸第二高等学校、水戸第三高等学校、緑岡高等学校、水戸工業高等学校、水戸商業高等学校、水戸桜ノ牧高等学校、水城高等学校、水戸啓明高等学校、水戸葵陵高等学校、大成女子高等学校、水戸女子高等学校、茨城高等学校

活動内容

1. 企画展オープニングセレモニーへの参加

特派員には、多くの若い世代の方々に美術館に足を運んでもらえるよう、企画展の見どころなどの情報発信に取り組んでいただいています。

4月6日(土)企画展「志村ふくみ展―滋賀県立近代美術館コレクションを中心に―」

緑岡高等学校、水戸第三高等学校

 

テープカットに参加した緑岡高等学校の浅野さんは、展覧会を見た感想をレポートに書いてくれました。

これまでのレポートはこちらから

 

6月15日(土)企画展「生誕90周年記念 手塚治虫展」

水戸工業高等学校、水戸啓明高等学校


オープニングイベントに参加した水戸啓明高等学校の大西さんがレポートを書いてくれました。

その他の特派員のレポートはこちらから

 

9月7日(土)企画展「憧れの欧米への旅 竹久夢二展」

水戸第三高等学校、水戸葵陵高等学校、大成女子高等学校


オープニングイベントに参加した水戸第三高等学校の安さんがレポートを書いてくれました。

その他の特派員のレポートはこちらから

 

2. 第1回特派員交流会

特派員がお互いの考えを知り、交流を深めるために交流会を開きました。

日時:令和元年5月18日(土) 14:00~16:00
場所:茨城県近代美術館 講座室
参加校:6校(生徒51名、顧問の先生4名)
水戸第一高等学校、水戸第三高等学校、緑岡高等学校、水戸工業高等学校、水城高等学校、水戸葵陵高等学校
話し合いテーマ:「特派員としてできること」

くわしくはこちらから

 

 

交流会に参加した水城高等学校の木下さんがレポートを書いてくれました。

こちらから

 

3. 館内イラストマップ作成

水戸桜ノ牧高等学校 美術部の皆さんが、当館の館内イラストマップを作成してくれました。
かわいらしいイラストとともに丁寧に仕上げてくれています。ダウンロードして印刷し、ぜひご活用していただきたいです。
当館ホームページ「ご利用案内(美術館概要・館内マップ)」に掲載しています。

 


平成30年度の活動

参加校 12校(118名)
水戸第一高等学校、水戸第三高等学校、緑岡高等学校、水戸工業高等学校、水戸商業高等学校、水戸桜ノ牧高等学校、水城高等学校、水戸啓明高等学校、水戸葵陵高等学校、大成女子高等学校、水戸女子高等学校、茨城高等学校

活動内容

1. 企画展オープニングセレモニーへの参加

特派員には、多くの若い世代の方々に美術館に足を運んでもらえるよう、企画展の見どころなどの情報発信に取り組んでいただいています。

4月21日(土)企画展「美術館へのおくりもの」

水戸緑岡高等学校(内テープカット1名)、水戸第三高等学校(内テープカット1名)

 

2月9日(土)企画展「ザ・ベスト」

水戸緑岡高等学校(内テープカット2名)

 

2. 関連イベントへの参加

7月8日(日)アーティストトーク

水城高等学校
講師:山本文彦

10月27日(土)友の会設立30周年記念講演会

水戸第三高等学校
講師:岩井希久子

 

3. 公用車美術館PRマグネットシート制作

水城高等学校

広報のためのマグネットシートのデザインを依頼し、親しみのあるデザインを考えてくれました。

 

 

4. 所蔵作品展PRポスター制作

水戸第三高等学校

当館所蔵作品展のポスターデザインを考案し作成してくれました。茨城県内の全高等学校に配布しています。

 

 

5. 特派員レポート

水城高等学校、水戸第三高等学校、水戸啓明高等学校

展覧会や関連イベントの感想等を書いてもらっています。

 

これまでのレポートはこちらから

 

6. 特派員限定!「美術館の魅力発見ツアー」

水城高等学校(7月8日 アーティストトーク参加時)
水戸工業高等学校(7月16日 ポスチラ配送作業参加時)
水戸第一高等学校(10月23日 美術館来館時)

特派員の皆さんに美術館の魅力を感じていただくため、バックヤードツアーを実施しました。

 

7. 第1回特派員交流会(5月12日)

水戸第一高等学校、水戸第三高等学校、水戸商業高等学校、水戸工業高等学校、水城高等学校、水戸葵陵高等学校
若者らしい斬新な意見があり、館職員も大いに刺激を受けました。

くわしくはこちらから

 

8. ポスターチラシ配送作業

水戸工業高等学校

 

9.「オープンワークショップ冬2018」への参加

準備:水戸第三高等学校、水城高等学校

当日:水戸第一高等学校、水戸第三高等学校、水戸啓明高等学校、水戸葵陵高等学校

毎年行われているオープンワークショップにスタッフとしてお手伝いいただきました。つくり方が分からなくて困っている子どもたちにやさしく丁寧に教えてくれました。

 

準備の様子

 

当日の様子

 

10. 第2回特派員交流会(3月11日)

水戸第一高等学校、水戸第三高等学校、水戸啓明高等学校、水戸葵陵高等学校

5月に行われた交流会に引き続き、第2回目を実施しました。

 

くわしくはこちらから

 

過去の活動紹介

6.高校生特派員レポート

過去の高校生特派員レポートはこちら

トップページへもどる

ページのトップへ