茨城県近代美術館

The Museum of Modern Art, Ibaraki

ENGLISH サイトマップ
ホーム > 教育・研究 > 高校生特派員制度

高校生特派員制度

1.目的

若い世代が芸術文化に興味関心をもち,美術館などに自主的・主体的に来館することができるよう,水戸市内高等学校美術部と連携した普及事業に積極的に取り組む。

2.期間

任命の日から平成30年3月31日(土)まで

3.対象校

水戸市内を中心とする(公私立)高等学校美術部員等

4.内容

  • (1) 上記対象校の美術部員等のうち,希望する生徒を近代美術館特派員(以下「特派員」という)に任命します。
  • (2) 特派員は事前登録制です。茨城県近代美術館の館長が,特派員証を交付します。
  • (3) 特派員は,この制度を有効に活用して美術館に意欲的に来館し,展覧会の見どころなどの情報発信を学校の内外で積極的に行います。
  • (4) 特派員が同校の生徒とともに来館した場合は,同伴者の入館料は団体割引料金とします。
  • (5) 特派員証の有効期限は上記実施期間とし,特派員証を受付に提示すれば,その期間の企画展,所蔵作品展の入館料は無料になります(当館では,高校生以下の方は毎週土曜日は無料となります。ただし,夏休み,冬休み,春休み期間の土曜日は入館料が必要ですが,特派員になればその日も入館無料になります)。

5.これまでの活動について

6.高校生特派員レポート

トップページへもどる

ページのトップへ