茨城県近代美術館

The Museum of Modern Art, Ibaraki

ENGLISH サイトマップ
ホーム > 教育・研究 > 主な所蔵作品 > テーマから検索 > 五浦の作家

五浦の作家(主な所蔵作品)

横山大観・下村観山・菱田春草・木村武山

東京美術学校の創設
明治11年(1878)に来日したお雇い外国人教師アーネスト・フェノロサは、西洋化によって衰退の一途をたどっていた伝統的な日本絵画に、西洋絵画に劣らない芸術性を見出します。そして東京大学の教え子で文部省に勤めていた岡倉覚三(天心)と共にその復興を志し、写実表現など西洋絵画の優れた点を採り入れながら精神性を追究する新しい日本画の創造を目指しました。
その実現に向けて、フェノロサと天心は画家の狩野芳崖(ほうがい)らと共に、東京美術学校の創設を進めました。同校は明治22年に開校し、明治26年にはその第1期生として横山大観が、また、翌年下村観山が卒業しました。その後、多くの俊英を輩出し、観山、次いで大観、菱田春草が教官に加わるなど、校長天心を中心に東京美術学校の運営は軌道に乗りました。
日本美術院の創立
明治31年(1898)、天心に不満を抱く者によって流された怪文書によって、美術学校を追われた天心と、天心に従い教官を辞職した美術家を中心として、日本美術院が創立されました。日本美術院は、若手日本画家たちで構成されていた日本絵画協会と連合で「絵画共進会」という展覧会を開催します。
しかし同展で、大観や春草らが、輪郭線を使わず色彩の変化と広がりによって表現していく新しい手法の作品を発表すると、これが「朦朧(もうろう)体」と批判を受けるようになります。さらに財政難による美術院の経営悪化、そのさなか、天心、大観、春草、観山の海外渡航などが重なり、発足わずか5年でその活動は休止状態となりました。
※作品名をクリックすると作品画像が見られます。
横山大観 寒天 明治33年 日本美術院第3回絵画研究会出品
菱田春草 柴舟 明治33年 日本美術院第3回絵画研究会出品
下村観山 大原之露 明治33年 第9回日本絵画協会・第4回日本美術院連合絵画共進会出品
横山大観 夕立 明治35年 第19回絵画互評会出品
横山大観 隠棲 明治35年 第20回絵画互評会出品
木村武山 熊野(ゆや) 明治35年 第12回日本絵画協会・第7回日本美術院連合絵画共進会出品
菱田春草 帰漁 明治37年 大観・春草展(ニューヨーク)出品
横山大観 飛泉 明治35年
菱田春草 秋渓 明治35年
菱田春草 春の朝 明治35年
横山大観 秋の夕 明治35年
日本美術院の五浦移転
明治39年(1906)末、日本美術院絵画部は状況の打開をはかって東京谷中から天心の別荘のあった北茨城市五浦に移転、大観、春草、観山、武山の4人が同地に移り住むことになりました。ここでの4人は、俗塵から遠ざかるとともに、背水の陣を敷く精神的苦境の中にあって、日本画の近代化に向け研鑽を重ねていきました。
この成果は、翌40年から開催された文部省美術展覧会(文展)に現れ、五浦の地で制作された大観「流燈」(第3回展)、観山「木の間の秋」(第1回展、東京国立近代美術館蔵)、春草「賢首菩薩」(第1回展2等賞、東京国立近代美術館蔵、重要文化財)、武山「阿房劫火」(第1回展3等賞)などが、高い評価を受けました。
明治41年に春草が病のため東京に転居し、4人そろって研究所で制作に励んだ期間はわずか1年程で終わりました。しかしここでの研鑽を経た4人の作品は、日本画の近代化の上で大きな成果をあげました。五浦が近代日本画の発祥地と呼ばれる由縁もここにあります。
※作品名をクリックすると作品画像が見られます。
木村武山 阿房劫火 明治40年 第1回文展出品、県指定文化財
菱田春草 林和靖(りんなせい) 明治41年 五浦日本美術院小品展(水戸好文亭)出品
横山大観 流燈 明治42年 第3回文展出品、県指定文化財
菱田春草 落葉 明治42年
菱田春草 五浦ノ月 明治42-43年
木村武山 五浦の朝 五浦時代
日本美術院の再興
明治44年(1911)、春草が36歳の早い死を迎え、天心も大正2年(1913)に51歳でこの世を去ります。天心が没すると天心の門下の間で日本美術院を再興する動きが起こり、翌3年9月2日、天心の一周忌をもって、東京谷中に日本美術院が再興され、翌10月には再興第1回日本美術院展が開催されます。ここには大観、観山、武山をはじめ、五浦を訪れ天心の薫陶を受けた安田靫彦(ゆきひこ)、今村紫紅、さらに新派傾向を示す小林古径、前田青邨(せいそん)などの青年画家たちが集いました。彼らは近代日本画壇の中心となって活躍することになります。
※作品名をクリックすると作品画像が見られます。
木村武山 法然上人 大正6年 再興第4回院展出品
木村武山 弁財天 大正15年 再興第13回院展出品
横山大観 朝霧 昭和9年 再興第21回院展出品
小林古径 昭和25年 再興第35回院展出品
岡倉天心と五浦の作家 略年譜
文久2年 (1863) 岡倉天心、神奈川県横浜市に生まれる。本名、覚三(または覚蔵)。
明治元年 (1868) 横山大観、茨城県水戸市に生まれる。本名、秀麿。
明治6年 (1873) 下村観山、和歌山市に生まれる。本名、晴三郎。
明治7年 (1874) 菱田春草、長野県飯田市に生まれる。本名、三男治。
明治9年 (1876) 木村武山、茨城県笠間市に生まれる。本名、信太郎。
明治11年 (1878) アーネスト・フェノロサ、東京大学のお雇い外国人教師として来日。横山大観と共にインドに渡る
明治22年 (1889) 大観、観山、東京美術学校第1期生として入学(23年、春草、24年、武山が入学)。
明治23年 (1890) 天心、東京美術学校長となる。
明治27年 (1894) 観山、東京美術学校助教授となる(29年、大観、同助教授、春草、同嘱託教員となる)。
明治31年 (1898) 東京美術学校騒動により、校長天心をはじめ、大観、観山、春草ら17名の教官が辞職し、日本美術院を創立、日本絵画協会と連合して展覧会(絵画共進会)を開催。
明治33年 (1900) 大観、春草らの輪郭線を用いない新描法が、「朦朧体」と酷評される。
明治34年 (1901) 観山、日本美術院正員のまま東京美術学校に復職。
明治36年 (1903) 大観、春草、インドに赴く。観山、文部省給費留学生として渡英。天心、飛田周山の案内で五浦を訪ね、のち土地、家屋を入手。日本美術院と日本絵画協会の連合絵画共進会は10回をもって休止状態となる。
明治37年 (1904) 天心、大観、春草、渡米。翌年にかけて各地で展覧会を開催、ヨーロッパを経て帰国。天心、ボストン美術館顧問(エキスパート)となる(翌年アドバイザー)。
明治38年 (1905) 天心、五浦に別荘を新築、邸内に六角堂を建てる。大観、春草、五浦に滞在して制作。
明治39年 (1906) 日本美術院第一部(絵画)五浦移転のため、大観、観山、春草、武山、五浦に転居。
明治40年 (1907) 天心、大観、観山、文部省美術展覧会(文展)審査委員となる。第1回文展で春草「賢首菩薩」が2等賞、武山「阿房劫火」が3等賞を受賞、観山「木の間の秋」は政府買い上げとなる。
明治41年 (1908) 春草、眼病のため東京に転居。観山、東京美術学校を辞任。大観、居宅全焼により東京に仮寓。
明治42年 (1909) 第3回文展で、春草「落葉」が2等賞受賞、大観「流燈」出品。
明治44年 (1911) 春草、没。
明治45年 (1912) 観山、武山、東京に転居。
大正2年 (1913) 天心、没。大観、観山が中心となり日本美術院の再興が計画される。
大正3年 (1914) 天心の一周忌をもって日本美術院を再興。なお、文展の新旧2科制が廃止され、大観は審査員から外れ、観山は辞任。日本美術院は在野団体として再出発した。
昭和5年 (1930) 観山、没。
昭和17年 (1942) 武山、没。
昭和33年 (1958) 大観、没。

ページのトップへ