ホーム > アーカイブ > 出版物案内

出版物案内

当館発行の図録および冊子等は下記のものがございます。
A,B及びDにつきましては購入可能ですが、在庫がなくなり次第販売終了となりますので,お求めの際には,予めミュージアムショップ までお問合せください。
出版物 A 『茨城県近代美術館所蔵作品図録』 1997年3月 販売は終了いたしました。
  『開館20周年 茨城県近代美術館所蔵作品選』 販売は終了いたしました。 
出版物 B 『茨城県近代美術館所蔵作品選 中村彝とその周辺』 販売は終了いたしました。
出版物 C 『茨城県近代美術館所蔵作品選 小川芋銭』
出版物 D 展覧会図録
企画展ごとに作成しています。(現在は,作成しない場合があります。)
なお、販売部数が残っているものに関しては,ミュージアムショップで取り扱っています。  ミュージアムショップはこちら。
出版物 E 『茨城県近代美術館研究紀要』
第1号 1991年3月
匠   秀夫 創刊にあたって
金原 宏行 西洋の影響を受けた日本画−院展作家を中心に− 
小泉 淳一 中原實に於けるシュルレアリスムへの軌跡
北畠 健 「いはらき」新聞における美術に関する記事等総目次 その(一) 
創刊〜明治41年12月
外舘 和子 フルクサスと靉嘔−前衛アーティストとしての靉嘔のFluxusまでの軌跡−
舟木 力英 中村彝の初期作品
第2号 1993年3月
金原 宏行 西洋の影響を受けた日本画−院展作家を中心に−
第二部,第三部
北畠 健 「いはらき」新聞における美術に関する記事等総目次 その(二)
明治42年1月〜大正元年12月
外舘 和子 エンバイラメントに関する試論
第3号 1994年
金原 宏行 閑静は書画の生ずる地 −崋山の年代遡及時代−
北畠 健 小川芋銭の『草汁漫画』について
林   和男 実技講座5年間の歩み
外舘 和子 山崎猛の彫刻 −ある具象彫刻家の1950年以降の歩み−
第4号 1996年3月
舟木 力英 中村彝と西洋美術
小泉 淳一 日本超現実主義絵画創成期 −東郷青児と阿部金剛−
清水 優 美術館と普及活動
第5号 1997年3月
金原 宏行 −日本洋画の源流考序論− 泥絵・ガラス絵と大津絵
中泉 多詔 『絵画芸術』の意味について −ヨハネス・フェルメール論序−
外舘 和子 エンヴァイラメント再考
第6号 1999年3月
山口 和子 茨城県近代美術館所蔵ドーミエのリトグラフ 《アクチュアリテ》の作品解題(前編)
征矢 眞一 天心記念五浦美術館開館及び開館記念展の広報について
中田 智則 森田曠平の歴史画の特徴について −構図と画題を中心に−
第7号 2000年3月
舟木 力英 ドガの初期作品における「意味」の問題
荒木 扶佐子 河口龍夫小論
山本 哲士 県産品を利用したこどものためのワークショップ 報告
−美術館の教育普及と地域の連携を中心に−
第8号 2001年3月
藤本 陽子 岡倉天心在職中における東京美術学校のカリキュラムとその実際
茨城県天心記念五浦美術館所蔵東京美術学校学生制作品について
深谷 治之 アート&テクノロジーの時代
後藤 哲也 美術館と学校との連携 −当館の普及活動における取り組みを中心に−
第9号 2002年3月
谷津 喜美代 平成10年12月告示 学習指導要領「図画工作」「美術」における『美術館等の利用,活用』について −中央教育審議会及び教育課程審議会の動向を中心に−
山口 和子 茨城県近代美術館所蔵ドーミエのリトグラフ《アクチュアリテ》の作品解題(後編)
第10号 2003年3月
小泉 淳一 象徴主義のつむじ風吹く −青木繁と熊谷守一の青春時代−
青木 麻理子 茨城県近代美術館所蔵 二世五姓田芳柳作聖徳記念絵画館壁画画題考証図下絵について
第11号 2004年3月
舟木 力英 中村彝の名前と署名
井野 功一 岩橋教章、章山
山本 哲士 子どもたちへの鑑賞の実践と考察 −「つなぎ」「動機」の試みを中心に−
第12号 2006年3月
舟木 力英 中村彝の訳稿問題 テーヌの『藝術の哲学』とチェンニーニの『藝術の書』
中田 智則 小茂田青樹と小野竹喬の月ヶ瀬図について
出版物 F 『茨城県近代美術館年報』 (年1回の発行)
出版物 G 『茨城県近代美術館 美術館だより』 (年3回の発行)
出版物 H 『ART FORUM』
トップページへもどる